28MHz AM CB無線機販売修理改造 ノースランド通信

オーバーホール

目次

 OH+TuneUp

 OH+TuneUpの内容

 ハリケーンのオーバーホール

 VBのオーバーホール

 オーバーホールのすすめ

 chスーパーチューンアップ

 T/Rスーパーチューンアップ

ノースランド通信HOME
NASA通信製品
OH済み中古品
オーバーホール+チューンアップ
CB無線機の改造
CB無線機の修理
28MHz改造周波数表
その他
リンク
ご利用方法
お問い合わせ

オーバーホール+チューンアップ



チャンネルセレクタスイッチ スーパーチューンアップ LEVEL01 標準実装!

72GX-IIの最大のウイークポイントであるチャンネルの接触不良に悩まされている方、朗報です!

ついにノースランド通信がこの問題に終止符を打ちます!詳しくはこちらをご覧ください


ノースランド通信のオーバーホールが更に進化しました!



ノースランド仕様は耳が良い

ノースランド仕様は変調が良い

このようなお客様の声をよく聞きます。

それは何故か…?


ノースランド通信では、無線機の程度にかかわらず、徹底的にオーバーホール+チューンアップを施しています。

そして、見つかった不具合は全て徹底的に原因究明し根本対策します。

その結果、送受信性能が良く、品質の安定した72GX-II が出来上がっているのです。


オーバーホールで新品レベルの機能性能耐久性に(注1)

そして…チューンアップで究極の72GX-II へ


72GX-II はポテンシャルの非常に高い、すばらしい無線機です。

しかしながら、ノーマル72GX-II のほとんどはその潜在能力を生かしきれていません。

ノースランド通信ではオーバーホール+チューンアップで72GX-II の潜在能力を可能な限り引き出しています。




72GX-II はとても優秀な無線機ですが、ウイークポイントもいくつかあります。

このウイークポイントが72GX-II の潜在能力を生かしきれていない阻害要因になっているのです。

ノースランド通信のチューンアップはこれらのウイークポイントの対策が基本です。

ウイークポイントの根本原因を突き止めて、それらを対策することにより、機能性能耐久性を更に向上させ、72GX-II の完成度を高めることができます。

これらの作業は一般に行われているような、部品を追加して無理矢理受信感度を上げたり変調をいじったりするのとは根本的に違いますので、副作用は一切ありませんし、性能をシンプルかつ最大限に引き出すことができます。

また、ウイークポイントの根本原因は個体によってばらつきがありますが、一台一台状況に合わせて丁寧に対策を施すことにより、完成度の高い72GX-II に仕上げています。

これが、ノースランド通信の考える究極の72GX-II です。


(注1) 外観を新品同等にする場合は別途費用がかかります。詳しくはご相談ください。



◎オーバーホール標準項目

◎チューンアップ標準項目



◎オーバーホール追加項目


長期間車載使用された無線機は特に内部劣化が進んでいるものが多いです。

無線機の状態により下記追加項目が必要となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

  • 電解コンデンサ全数交換

  • 基板分解洗浄

  • 内部主要配線ワイヤー全数交換



◎対象機種

以下の機種についてお引き受けしています。

  • NASA72GX-II
  • NASA28AM
  • NASA28AM-II
  • NASA72DXハリケーン
  • NASA72GX
  • NASA46GT
  • NASA46GT-II
  • NASA46GX
  • NASA23VB
  • NASA46VB

なお、NASA製品以外の輸出用CB無線機でもお引き受けできる場合がありますので、お気軽にお問い合わせください。
(2015/04追記: 現在混雑解消のためNASA製品以外の無線機の受注を一時的に見合わせております。ご了承ください。)

◎オーバーホール+チューンアップ費用

  • NASA72GX-II 、28AM、28AM-II ・・・ 25,000円 (注2)
  • NASA72GX-II (前期) ・・・ 30,000円 (注2)
  • NASA72GX ・・・ 30,000円
  • NASA46GT、46GT-II、46GT復刻版 ・・・ 35,000円
  • NASA46GX ・・・ 40,000円
  • NASA72DXハリケーン ・・・ 45,000円(注3)
  • NASA72DXハリケーン(前期) ・・・ 50,000円(注3)
  • NASA23VB、46VB ・・・ 55,000円(注6)(注7)

・部品代(実費)および送料が別途かかります。

・無線機の状態により、別途下記費用がかかることがあります。

  • 電解コンデンサ全数交換(72GX-II) ・・・ 3,000円(注4)
  • 基板分解洗浄 ・・・ 3,000円
  • 内部主要配線ワイヤー全数交換(72GX-II) ・・・ 5,000円(注4)(注5)


(注2) NASA72GX-II は前期型のみ費用が異なります。

前期: 製造番号1〜42,999

(注3) NASA72DXハリケーンは前期型のみ費用が異なります。

前期: 製造番号1〜9,999

(注4) 機種により交換費用が異なります。詳しくはお問い合わせください。

(注5) 再生利用可能な一部のワイヤーを除きます。

(注6) VBは特にオイルコンデンサ、電解コンデンサの劣化が激しいため、交換した形跡がない場合は無条件でオイル/電解コンデンサ全数交換します。このため、交換費用5,000円(技術料・部品代込み)が別途かかります。詳細はVBのオーバーホールをご覧ください。

(注7) VBを28Mに改造する場合のメニューは水晶の構成が違うため、72GX-II とは異なります。詳細はNASA46VB改造メニューをご覧ください。


◎納期

着手後概ね1〜3週間前後で完了、発送します。(注8)


(注8) 72GX-II の標準的な作業の場合です。機種や無線機の状態、改造量等により上記よりも更に日数を要することがあります。あらかじめご了承ください。


◎その他

当店の中古在庫品をオーバーホール+チューンアップしてお届けする、お得なOH+TuneUp中古品セットもあります。


オーバーホール+チューンアップの内容

ハリケーンのオーバーホール

VBのオーバーホール

オーバーホールのすすめ



→ 次のページ : オーバーホール+チューンアップの内容


ホームに戻る


Copyright(C) 2008-2017 Northland Communications