28MHz AM CB無線機販売修理改造 ノースランド通信

CB無線機の改造

目次

 改造トピックス

 
72GX-II 改造費用一覧表

 
28MHz改造メニュー

 合法CB受信改造メニュー

 ももすけ仕様

 び〜ななさん仕様

 変調改造メニュー

 
受信改造メニュー

 
その他の改造メニュー

 
VBの改造メニュー


ノースランド通信HOME
ノースランド仕様
OH済み中古品
72GX-II スーパーチューンアップ
オーバーホール+チューンアップ
CB無線機の改造
CB無線機の修理
28MHz改造周波数表
NASA通信製品
その他
リンク
ご利用方法
お問い合わせ


NASA46VB 改造メニュー


NASA46VB(23VB)の改造メニューは以下のとおりです。
(作業料金+部品代込み、送料別)


OH割引の項目はオーバーホール+チューンアップと同時に実施の場合は1,000円引きとなります。


◎28M基本改造

  • 28M改造調整 4,000円 OH割引
    STANDポジション 28.305MHzに合わせて調整します。水晶が別途必要となります。


◎28M用水晶

チャンネル周波数構成の詳細は28MHz改造周波数表(NASA46VB)をご覧ください。

  • 28M小石2個セット 3,000円(注4)

    28M小石2個のセット
    28.085〜28.375MHz 周波数歯抜けあり23ch仕様 11chが28.305(注1)


  • 28Mフルセット水晶 12,000円

    28M親石4個、小石2個のセット
    28.215〜28.365MHz 周波数歯抜け無し23ch仕様 10chが28.305(注1)(注2)

    28Mで現在AMで最も良く使われている、28.3M帯の周波数をフルカバーします。


◎オプション

  • 27M送信不可改造(VB用) 1,000円 OH割引
    27M帯の水晶が実装されているBANDポジションで送信ができないように改造します。


◎その他(参考)

46VBはスプリアスが多くて固定では使いづらいとお考えの方が多いと思います(実は私もそうでした)が、スペアナで実測しながら調整したところ、意外とスプリアスは低いです。
実測データ NASA46VB(28M改造)の周波数スペクトル を参照ください。(注3)



(注1)AMで運用できるのは28.215〜28.355までです。ご注意ください。

(注2)周波数歯抜け無しは28.215〜28.355までです。

(注3)使用環境等により電波障害が発生する可能性を否定するものではありませんので、ご注意ください。

(注4)28M小石2個セットは、発注していた水晶メーカーが廃業のため在庫限りで終了となります。ご了承ください。




ホームに戻る


Copyright(C) 2008-2018 Northland Communications